postheadericon 不貞行為と慰謝料

ビンタする

一生をずっと共に歩んで行こうと約束しても、人間の心は移ろうものです。
パートナーの様子がおかしいと感じたら、浮気や不倫調査を依頼する人も多いです。
悶々と悩んでいるよりも、すっきりさせたいと考えるからですが、その調査結果により、これからの人生が大きく変わる可能性もあります。

浮気や不倫の行為における慰謝料の請求を行う場合、一番大切なのは証拠です。
しかし配偶者の浮気や不倫を疑う時、相手が異性とホテルから出て来るところを、はっきりと見たという人は、おそらくほとんどいません。
確信的な証拠もなく浮気や不倫を問いただしても、素直に認める人はまずいませんし、証拠を持たない追及は、逆に名誉棄損で訴えられる危険もあり、こちらの不利になるだけですので、素行調査をしっかりしてから慰謝料の請求をしましょう。

また夫婦の一方が、異性の愛人と浮気や不倫行為をした場合、損害を被った配偶者は、貞操義務に違反した愛人に対しても慰謝料の請求ができます。
この場合は、不貞行為が相手の誘惑によるものか、自然に愛情が生まれたものかは関係ありません。

慰謝料の金額は、はっきりと決まってはいないのですが、ほとんどのケースで300万円前後です。
相手側の収入や貯蓄が少ない時は、妥協せざるを得なくなり、100~300万円以内で決着することもあります。
それから慰謝料請求ができる期間は、3年と時効が決まっていて、それを過ぎると請求はできませんので、早めに実行しましょう。

postheadericon 離婚

浮気がばれる

最近、離婚する夫婦が増えています。
原因はDV・性格の不一致、そして不倫が多いです。
この不倫というのは「不貞行為」というもので婚姻関係にある夫婦は浮気をしてはならないという夫婦の義務に反しているので慰謝料請求の対象になります。
離婚の際だいたいが協議離婚なのですが、不倫は調停や裁判になるパターンが多いです。

別居などの特別な理由(婚姻の破綻)がない限り、慰謝料の請求は可能です。

例え浮気相手が「結婚しているなんて知らなかった」なんて言っても節々に見せる婚姻の証拠を見逃す相手が悪いと責めることもできます。
慰謝料の額の相場はだいたい100~300万ぐらいですが、浮気相手が財産や収入がない場合は支払いが滞っても無理に支払わせることが難しいです。
他人名義の財産は差し押さえはできないので、離婚する前に財産の確認をしておいたほうがいいです。

裁判では確たる証拠があったほうが当然、有利に進みます。
メールのやり取りや写真がないと裁判が長引いて余計にお金がかかってしまったり不利になったりするので、できればプロに頼んで証拠を持ってきてもらうのが一番だと思います。

裁判費用も法律事務所によって違いますが収入によって免除されるところもあるみたいなので家庭裁判所などで紹介を受けてもいいと思います。
不倫によって慰謝料が取れるのも事実ですが、裁判費用は自分の出費なので泣く泣く浮気を許してしまうひとがいるのも多いです。
証拠や財産をしっかり確認し、自分に合った弁護士さんと戦っていくのが一番です。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
September 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930